押谷 仁。 押谷仁

🍀 とりわけ下船時に陰性と判定された後に発症する人を推定したら、試算がたまたま当たりましてね。

7

🙌 未知のウイルスに対しては、専門家の知識がなければ向き合うことすらできないが、日本でその最前線を担った押谷と西浦には、「科学と政治」の境界のどこに位置を取るかをめぐる葛藤がずっとつきまとっていた。 審議会に諮問し答申を受ける従来型の行政では、パンデミックに追いつかないからだ。 今後、アジアやアフリカの医療体制の脆弱な国々にこのウイルスが広がっていくとより大きな被害が起こる可能性もある。

3

👊 小池知事は命を守るため外出自粛しろって言っているけど押谷先生は今普通に生活していても感染することはあまりないって言っていて、ますますよく分からない。 2005 - 2006 新型インフルエンザ発生時の対応に関する研究• 2007 - 2008 フィリピンにおける新興・再興感染症研究拠点形成に向け試行的共同研究• 疫学解析で戦略を担う、押谷率いる東北大・新潟大・長崎大などの混成グループと、数理モデルによるデータ解析を担う、西浦の北海道大学のグループがそれぞれ陣取り、合わせると30人ほどのチームになる。

📞 中国以外でも急速な感染拡大が起きることは避けられない状況になりつつある。

7

😂 391-393• 和歌山県• 知らないわけではなかったが、結果これで良いと自己弁護しているのだ。 おそらく今のPCR検査でも「新型コロナウィルス固有の領域」ってのを調べている は ず なので、他のコロナウィルスと区別できないとしたら検査に失敗していると断言してもよいのではないでしょうか。 SARDSの時のように、クラスター対策で制御出来るウイルスではないのです。

6

😗 当初から押谷はこれを評価した。

7

🚀 密閉された冷蔵施設の中では密集して働くことも多く、休憩所やカープール(車の相乗り)、さらに集団生活の場など三密環境があちこちにあったと考えられます」 こうした人々は、行政の情報や医療へのアクセスが悪いため、彼らのコミュニティでの流行が検知されるのが遅れ、それが大規模な流行につながった可能性があるという。 まずナレーションが次のように流れる。

3