アストラ ゼネカ ワクチン 有効 性。 アストラゼネカ社ワクチン “1回目でも3か月後の有効性76%”

✌ 新型コロナウイルスがヒトの細胞に侵入するには、ウイルス粒子表面にあるスパイクタンパク質がヒト細胞上のアンギオテンシン転換酵素 2(ACE2)と結合することが必要ですが、ファイザーとモデルナのワクチンはいずれもこのスパイクタンパク質の遺伝子全体を用いています。 イギリス政府は1回でも接種する人を増やすため、2回目までの間隔を最大3か月まで延ばすことにしています。 発症予防効果は、インフルエンザワクチンは、20~60%程度とされていて、90%を超える数字は高いとされています。

10

👉 (CNN) 英製薬大手アストラゼネカは23日、英オックスフォード大と共同で開発している新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で、平均70%の有効性が認められたと発表した。

🤝 新型コロナワクチンを巡っては、米モデルナが今月16日に、後期治験で94.5%の予防効果が確認されたと発表。

15

🐝 一方、アストラゼネカは、半量投与については効果安全性評価委員会(独立データモニタリング委員会)と英規制当局によって審査され、承認されたとし、規制当局が公に「懸念はない」と確認したと説明した。 声明はシュパーン保健相によりリツイートされた。 9%だったのに対し、12週間以上空けて2回目を接種した場合の有効性は82. もう一方では8895人に1カ月以上の間隔で2回、いずれも通常の量を投与したところ、予防効果は62%だった。

📱 しかし、新型コロナウイルスの場合、これだけ世界の社会・経済活動に大きな影響が出ていることから、安全性を確保しながら、迅速に承認することも同時に重要な要素になっています。

✇ 日本での接種については、2020年12月に承認申請されているファイザー社製のワクチンが厚生労働省によって2月14日に特例承認され、2月17日より医療従事者への先行接種が開始されました。 いずれのワクチンも筋肉内注射で 21 日から 28 日の間隔で 2 回接種します。

10

😙 まず、ワクチン開発の現状です。 我々になじみの深いインフルエンザワクチンや小児期の定期予防接種のワクチンは「生ワクチン」や「不活化ワクチン」と言われるもので病原体そのそのものを培養したうえで弱毒化・不活化する工程が必要なため、短期間かつ大量生産が難しいとされています。 ただ、新しい方法だけに、知られていない副作用、副反応が起きないかという懸念があります。

13