サテライト オフィス。 サテライトオフィスとは?都市型や地方型などの事例、メリット・デメリットを紹介

📱 このページの目次• サテライトオフィス勤務のメリットは、大きく分けて5つです。

11

♨ 出典:パーソル研究所 「サテライトオフィス2. 東京のサテライトオフィス:東京駅周辺 まずはじめに、 東京駅の周辺にあるサテライトオフィス利用にオススメのレンタルオフィスをご紹介します。

15

✊ 一方、支社・営業所はその場所でしかできない仕事をするオフィスです。

1

🙃 レンタルオフィスは、デスクチェアやコピー機、会議室など、オフィスに必要な設備が一通り揃っています。 デメリット2.従業員個人の自己管理が問われる 本社や支店・営業所勤務の場合は上司や同僚の目がある中で働くので、業務の進捗管理をしやすいです。

14

☎ 都市型サテライトオフィス• 分散は、リスクマネジメントの基本です。 ある企業が自社の社内LANが利用できるサテライトオフィスを作る例もあれば、複数社による共同サテライトオフィスも誕生しています。 アメリカ発祥のコワーキングスペース「WeWork」も、日本の都市部にいくつもの拠点を構えており、新たなワークスタイルを確立しています。

💋 月額払いで,かつ2月以上の支払いが生じる,令和3年2月分までの賃料が対象になります。 特に、特別な技能や能力を持つプロフェッショナル人材は、ひとつの組織に所属するのではなく、個人として活動しプロジェクト単位でプロジェクトに参加する形が今後さらに増えていくと予測されます。 本社と遠隔地とのやり取りは、Skypeなどのインターネット通話を用いることが一般的です。

3

😜 地方が活性化することで、日本全体が活気づきますし、地方という新しい環境下で、新しいビジネスの発見やつながりが広がっていくことも期待できます。 もっとも大きな問題は、コミュニケーションや情報共有、セキュリティです。 東京・大坂などの都市部に拠点を持つ同社ですが、地方型サテライトオフィスを和歌山県に設置することで、地方コミュニティでの市場拡大を図る狙いがありました。