あきもと こずえ。 秋元梢(Kozue Akimoto)

♻ 漁業によって鍛えられた足腰によし運動能力も高く、中学時代には走り高跳び・三段跳びの地方大会で優勝し「オリンピックも狙える」と言われるほどだったそうです。 - (2012年10月 - )• 日本相撲協会は理事会で功績顕著として全会一致で一代年寄を認めたが、将来的に九重部屋を継ぐことが決まっていたため、同じ九重部屋に所属していた16代・(元前頭1・)と千代の富士自身が所有していた年寄・の名跡交換を行い、17代・陣幕を襲名し九重部屋の部屋付きの親方となった。 しかし、手続きの不手際で公傷と認められない ことが場所の直前になって発覚したため、このまま休場し続ければ幕下陥落の危機もあったことから3日目より強行出場、9勝を挙げて同年7月場所に幕内へ復帰した。

10

✌ 出身大学:東海大学• - (2012年10月 - )• 異名の「ウルフ」については、ちゃんこ番として魚をさばいているところを見た九重が「みたいだな」と言ったことから名付けられた。 部屋では弟子との交換日記を欠かさず、赤ペンでアドバイスを送った。

6

👏 秋元梢と千代の富士の仲の良さは本物で、成人してからも手を繋いで歩いていたとか。 しかし双羽黒の強さは認めており、不祥事による廃業に関しては残念がっていた。 角界屈指の好きで知られたが、元々は趣味としていなかった。

🤣 現在の九重部屋は「大横綱・千代の富士が師匠の相撲部屋」という色を前面に打ち出した部屋になっている。

1

❤️ 土俵入りの型は一門・部屋ごとに伝統があり、横綱個人の意思で選択できるというわけではない。 との優勝決定戦• 力士として [ ] 取り口など [ ] 歴代3位・通算31回の幕内最高優勝を果たしたほか、歴代3位の通算勝利数(1045勝)と同3位の幕内勝利数(807勝)、1988年5月場所7日目から同年11月場所14日目までの 53連勝(制度導入後歴代3位)など、数々の栄光を手にした 史上有数・昭和最後のである。

2

🙌 他にでは、朝潮と双羽黒に各2勝、北の湖と北勝海(唯一の同部屋横綱決戦)に各1勝が有り、6戦全勝である。 また、体の芯が異常に強く、常に軸がぶれずに堂々とした相撲を取った。 八角は応援してやらんと」と、九重の能力を評価し、自由に運営できるようにするために配慮したことと同時に、八角への支援の必要性があったことを理由としている。

16