レピュテーション リスク。 企業が回避するべきレピュテーションリスクと主な対策

🐾 そうなれば、 売り上げ減少や新卒採用への悪影響などが生じてしまうことは避けられないでしょう。

🤘 企業のネット炎上で一番課題とされているのが次の3点です。 SNSでは、日常的に一般人がモノやサービスに対してさまざまな評判や評価を行っている。

20

😚 2010年ごろからある言葉ですが、2017年ごろから情報セキュリティやウイルス対策の企業が、BtoB向けの商品・サービスで使い始めたため 「企業に対する言葉」として認知度が広がりました。 適正な評価もあるだろうが、中には誤解や個人的な感情によるものもあるだろう。

14

💓 レピュテーションは、評判や風評という意味であり、評判リスク・風評リスクとも呼ばれています。 1.企業の不祥事 情報の改ざん・検査不備などはブランドイメージ下落の原因になります。

4

👆 現在、企業の管理職に就いている方、将来的に、管理職を目指す方などの参加をおすすめします。

😉 人気の高い記事• 事例1:アルバイトの不衛生な行動でフランチャイズ店が倒産 2013年8月、宅配ピザ「ピザーラ」のフランチャイズ契約店で、アルバイト店員が厨房の冷蔵庫に身体を入れるなどの不衛生な悪ふざけをした画像をネットに投稿して騒動となった。 レピュテーションそのものは「評判」「評価」のことであり、否定的なものだけでなく肯定的なものも含む。

9

👇 たとえば、「アルバイトがレストランの厨房 ちゅうぼう 内で悪ふざけをしている画像をツイッターTwitterなどで配信した」「メニューに高級食材を表記しておきながら、実際には異なる食材を使用していた」などといった悪評が広まることで、リスクが顕在化する。 そのため、多額の損害賠償を抱えることにもなりかねない。 取引先や社員からしてみれば、探偵を使われるなんて心外であり、恐怖を感じるものですからね。

1

😒 レピュテーションリスクとは レピュテーションリスク(Reputational risk)とは、企業などの評判やブランドイメージが低下することで様々な悪影響をもたらすリスクのことです。

19

⚔ ・劣悪な労働環境を放置 など 労務に関して違法状態が発生していないかについては、労働基準法・労働契約法など、労働法令の観点からのチェックが必要不可欠です。

17