7 月 上旬 時候 の 挨拶。 ビジネスでも使える7月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

👋 連日寝苦しい夜が続いていますが、皆さまお変わりございませんか。 季節の変わり目でもあるので、体調を崩されませんように。 では、 時候の挨拶で3月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。

15

☝ そちらはお変わりありませんか。

📲 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 「〇〇様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

10

✆ 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 上旬は、 梅雨明け間近という気候。

2

☎ いかがお過ごしでしょうか。

17

👆 浅春の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へのプライベートで送る文章)• 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。

18

☕ そんな 2月の時候の挨拶を使ったお手紙ですが、この時期はや余寒見舞いなどのお便りもあり、そちらを活用することもできます。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 7月の時候の挨拶を入れた手紙やメールの構成 手紙やメールは以下のような構成にすると素敵な文章になります。

😎 どんな言葉を選んだら良いのか、詳しく見ていきましょう。 (ひまわりの開花時期は地域によって異なります。 暑中、お見舞い申し上げます。

11

⚔ ・盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

5