ゲーリー グッドリッジ。 谷津嘉章のセコンドはグッドリッジ戦でなぜタオルを投入したのか?

🤞 18歳までを学んでおり、後にキックボクシングに転向。

14

✆ スティーブズジム所属。 と対戦し、KO負け。 2005年11月19日、K-1 WORLD GP 2005 inTOKYO 決勝戦のリザーブファイトに選ばれるも、に判定負け。

4

♨ 前回の試合でダウンした後に殴れた恨みもあって、KO勝ち直後に倒れたグッドリッジの上に足を乗せて勝利をアピールする挑発行為をしてレフェリーからイエローカードを出される。 ファイトスタイル [ ] 抜群のパワーと打たれ強さを活かし、常に前へ出続ける攻撃的なファイトスタイルが特徴。

2

💋 がまったく示されていないか不十分です。 営業マンとしての谷津嘉章 営業マンとしての谷津嘉章の凄さは過小評価されているのではないでしょうか。 犠牲者 [ ] 少なくとも49名の犠牲者が判明している。

13

😭 この記事には 複数の問題があります。

😃 的な記述になっています。 9月3日、「K-1 REVENGE II」にてと再戦し、またしても豪快なKO勝ちを収めてフグを返り討ちにして前回の勝利がフロックでないことを証明した。

15

🤩 PRIDE時代に注目された出来事 首から太いチェーンをぶら下げて入場するシーンは今でもファンの頭に残っていると思います。

19

💔 自身のキャリアで初めての世界王座獲得となり、試合後のリング上では人目をはばからず嬉し涙を流した。

5

🚒 2008年12月15日、郊外に自らのジム「Fighting University」をオープンさせた。 しかし11月9日の決勝戦ではPRIDE初参戦のにKO勝ちし、番人の面目躍如を果たした。 日本で流行ったギャグ(「」など)を披露するなど、明るくサービス精神旺盛なキャラクターで人気を博した。

9