多摩川 に さらす 手作り さらさら に 何 そこ の 児 の ここだ かなしき。 感動が押し寄せる!『万葉集』に残る「よみ人知らず」名無しさんの名歌|短歌|趣味時間

😆 途切れることなくのびのびとオープンに恋愛感情を詠っています。

9

🙌 ホームレスの家(スタンダード) ホームレスの家(豪華版) 多摩川西六郷近辺 へらぶな釣りに興じる人々 2.多摩川浅間神社 多摩川大橋を渡り、河川敷を利用したグラウンドで様々なスポーツで汗を流す人々を眺めながら、上流に足を進めると大田区下丸子(=対岸は川崎市中原区)にガス橋が架かっています。 前の句に「そ」という係助詞があり、「そ(ぞ)」は文末が連体形になる係り結びをつくります。

4

🙄 この散歩道は自転車を押して行きます。 この歌も、布づくりに関わる人が詠んだとみられる。 明治・大正期の大実業家、渋沢栄一翁は、慈善家としても知られる。

2

😩 路上採集は、こういう場所を探すんです。

4

😎 「何そこの児の」 「そ」は係助詞です。 「た」まがはに「さ」らす「た」づくり「さ」ら「さ」らに? そして郵便局さんです。

4

🎇 そしてこの妻は、他人事のように無邪気に問いかける人に対して「ともし」(うらやましい)という気持ちを吐露します。 「さらに ますます」といった意味です。

20

👍 この大師橋を渡ると川崎大師方面に行けますが、橋の中程に東京都と神奈川県の県境標識があります。

🐾 【注1】多摩川は東京三多摩郡(西多摩、南多摩、北多摩)を経て世田谷区に入り、太田区の羽田沖で東京湾に注がれます。 つまり、防人はまさに命がけの労役だったのです。 歌の意味はさておき、この流れるようなリズム、なんともキャッチーで、思わず口から出てしまうような自然な歌いぶりではないでしょうか。

7

🐝 言わば、現代のだじゃれのようなものです。 その先約2kmにはJR東海道新幹線の鉄橋が架かり、そこを過ぎて右手に大田区清掃事務所を見ると、中原街道が通る丸子橋に到達します。 その名も 都営染地三丁目です。

19