アンテベート。 アンテベート軟膏の強さは?顔に使っても大丈夫?

👐 赤ちゃんに湿疹や皮膚炎がでた場合は、まずはワセリンやヒルドイドソフトなどの保湿薬が使用されます。 このような症状があらわれた場合には、適切な抗真菌剤、抗菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には本剤の使用を中止すること。

1

📞 他の薬を使用する前に、その薬が副腎皮質ホルモンを含んでいるかよく確かめてください。 アンテベートは塗り薬であるため、塗った部位の皮膚の免疫力が低下します。

16

☮ ただし、• アレルギー反応というのは、本来であれば無害の物質を免疫が「敵だ!」と誤認識してしまい、攻撃してしまう事です。

1

⌚ 副作用が発生する可能性は1,27%であると言う結果が出ています。 いずれも重篤となることは少ないのですが、長期間使えば使うほど発生する可能性が高くなります。 にきびが発生する• これらはステロイド剤の使用によって、逆に症状が悪化してしまって、治りも遅くなる可能性があります。

🤩 かなり強力なので、症状の重いときに用いるほか、苔癬(たいせん)化した湿疹など皮膚が厚くなっている部分に適します。

19

👍 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷〔皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがある。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 痒疹群• マヨッキー紫斑• 本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化をみる場合は使用を中止すること。

4