ヒロアカ 炎上。 【炎上】志賀丸太(ヒロアカ)歴史で人体実験の被害者(被験体)を連想?名前の意味が隠語?

💖 事前にリスクを考えて、炎上をはじめとするトラブルは避けたいところですが、全てに配慮することは難しいのも事実です。 ヒロアカに失望した。

14

☺ やってられないね!家にあるヒロアカの漫画は全部売ります!• 事前に編集部で表現について検討をするべきだった 謝罪文には、作者の堀越耕平氏のコメントも掲載しています。 こういったテーマを事前に省くことも一つの手といえますが、作者の「表現の自由」の侵害になっているのではないかという面で議論の余地が残るところです。 バイバイ~• ただ、拡散しているツイートはテキストのみのため真偽の判断ができません。

12

😔 炎上リスクを避け、被害を最少にとどめるために日本の漫画やアニメは海外でも人気が高く、翻訳され発売/放送されることもあります。 アニメも白ボカシだらけで酷かったし。

⚠ 命名にあたり、そのような意図を込めたつもりはありませんでした。

🖖 — 紺野 konno758 とても分かりやすいツイートをして下さっているのですが、なぜ丸太が問題なのか…これは第二次世界大戦中まで話が遡ります。

❤ 今までキャラクターの特賞に合う名でキャラクターの名を作る作家だったので、偶然の一致とは考えられません。 パッと読める目次• 被験者には、主にスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、 モンゴル人、アメリカ人、ロシア人、 女性や子供も含まれていて3000人の方が犠牲に なりました。

16

☺ この731部隊は人体実験の被害者の隠語として「丸太(まるた)」と呼んでいた。 「丸太」とは、第二次世界大戦当時日本731部隊の非人間的生体実験に命を失ったアメリカ人、中国人、韓国人、ロシア人などを含まれた20万被害者を製材所の丸太に比喩した俗語です。 買い集めたグッズは安く売って、売れ残ったものは処分しますね…• 最後までお読みいただき、ありがとうございました!. これを受け、週刊少年ジャンプ編集部は作者と相談の上、 コミックス収録時には当該人物の名前を変更すると発表しました。

2