キーン ベック 病。 キーンベック病の分類(Lichtman)

😜 しかし血行不良(栄養血管血流不全)により、血液が遮断されることで壊死することが分かっています。 手首の痛みなどの症状がある場合、MRI検査を行なって始めて異常が指摘される場合があります。

11

♥ 保存治療として手首を安静に保つために、ギブスや装具による治療が行われます。 同大学の岩崎 倫政先生によると、疾患の進行を食い止めるには、早期受診が重要になるそうです。 ステージ4まで進行してしまうと手術治療を行っても症状が改善しない場合があるので、患者さんの仕事の都合や症状の経過、レントゲン写真での進行程度をみながら、手術による治療をすすめています。

10

🖕 末期には無腐性壊死になり、つぶれて扁平化します。 初期状態ではレントゲン検査で分からないため、より精度の高いMRI検査で診断します。 目安としては、1か月にわたり手首の痛みが継続して現れるようであれば、病院の受診をおすすめします。

17

💙 さらに手術後は骨の骨の成長具合を観察する為のX-P撮影を2週間に1度の頻度で行う必要があるようです。

🚒 症状としては、手関節の痛み、はれが生じます。 キーンベック病は、働き盛りの青壮年の男性に多く発症します。 もともと月状骨には血流が豊富であるが、橈骨関節面は比較的乏しく、ここに繰り返される衝撃により骨内の血流が障害されることが原因と考えられている。

4

☝ しかし、これらの症状は疾患が進行してから現れる症状です。 この段階では、を発症することもあります。

2

🤲 前腕の2本の骨の長さのバランスを変える骨切り術などの手術療法が行われることがあります。 また 尺骨が橈骨よりも短い正常変異 negative ulnar variance による尺骨と有頭骨による圧迫とされている。 近位(カラダに近い側)には外側(拇指)から内側(小指)に向かって、舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨が並んで近位手根骨を構成してます。

3

💋 月状骨が変形を始める前の段階で手術介入をできる場合には、血流の再還流を促す手術方法がとられることがあります。