アドバンス 助産 師 更新。 アドバンス助産師とは 10 <5年ごとの申請・・・5年後も「アドバンス助産師」のまま?>

🤘 43をご参照ください。 書類審査とWEB上での試験に合格すると、「アドバンス師」として認証されます。

5

🙌 「アドバンス師」がどのレベルかについては、でを紹介しました。 必須研修・ステップアップ研修 旧要件の必須研修およびステップアップ研修は、下表右列に記載のある2022年更新申請要件の必須研修として振り替えできる。 社会や組織が助産師の実践能力を客観視できること 認証の意義 妊産婦・新生児およびその家族にとっての意義 専門的でより質の高い助産ケアが受けられます。

2

⌚ 医療機関にとっての意義 助産ケアの質が保証され、組織が提供する周産期医療機能を果たすことにつながります。

6

📱 PDF中に赤線・赤字で訂正し、お詫びいたします 2019年9月4日 認証更新については、以下の内容を日本助産師会の 会員専用ページ内の「アドバンス助産師の更新」で情報を公開しております。 ポートフォリオのテンプレート 受講記録管理・施設内承認時のポートフォリオとしてご自由にお使いください。

11

🤫 また、新たに受講いただくことも不要でございます。 11 【 演題登録をいただきました皆様へ 】 演題登録をいただいた皆様に、発表日時のご連絡をメールにて送信いたしました。 WHC研修 WHC研修は、指定のWHCオンデマンド研修を含めて、下記の時間受講してください。

1

👆 ただし、基盤1~5のみに該当する研修もWHC研修として有効とします WHCオンデマンド研修 下記の日本助産実践能力推進協議会主催オンデマンド研修のうち、備考欄に「WHC区分必修」の記載がある4研修は、必ず受講してください。 [教員]区分 1. (助産師の)養成所指定規則では28単位を取得すれば国家試験の受験資格が得られることを考えると、受験に必要な単位数の2倍を学ぶことになります。 詳細は、以下をご参照ください。

4

📞 ・[一般][看護管理者]区分の場合は、申請者が現在または過去に所属した病院の看護部長・施設長、診療所の院長 ・[教員]区分の場合は、申請者が現在または過去に所属した教育機関の上長 教授または教務主任以上 ・[助産所管理者および助産所に勤務する助産師]区分の場合は、日本助産師会が発行する評価者認定証を有する者 ・[WHC]区分の場合は、申請者が現在または過去に所属した施設で以下の役職にある者 所属施設 施設内承認者 病院 看護部長、施設長 診療所 院長 教育機関 上長(教授または教務主任以上) 助産所(勤務者) 管理者 2020年代理承認申請について 2020年5月20日更新 現在所属施設がなく、過去の所属施設で施設内承認を受けられない方は、代理承認申請を行うことができます。 「5年毎に更新する」ということは、さらに5年経験を増やしても名称は「アドバンス師」のままということなのでしょうか。

11

🤚 旧要件からの振り替えについて 2020年10月30日更新 2021年までの更新申請要件の研修を、 2017年9月1日~2022年8月20日の期間に受講した場合、以下の通り2022年更新申請要件の研修として振り替えできる。

16