ラッシング ベルト。 ラッシングベルト 繊維メーカー直販ストア / スリングベルト.com

😇 スリングベルトを使用してください。 ラッシングベルトの使い方を理解しよう. 取り外す際は、ハンドルの根元にあるロックを引っ張り、ベルトを引っ張って外します。

7

😭 熊本 0• ラッシングベルトの種類別使い方の手順7:緩め方 ベルトの金具(バックル)の部分を持ち上げ、ベルトを必要な程度に引っ張って締め上げ、ハンドルを倒すことによってベルトは固定されます。

19

😅 ・破断強度がひとめで分かるブラックライン入りです。 富山 0• ラッシングベルトの種類別使い方の手順5:ベルトの調整 この場合のラッシングベルトの調整の仕方・使い方ですが、この場合のバックルは基本的に「スライド式による調整」がメインとなるため、ベルトそのものを引っ張ったりベルト調整を緩めたりすることで、ベルトの長さを理想の長さに合わせることになります。

8

😛 7 ・ベルト長さ m 巻取側:8 ・べルト長さ m 固定側:- ・色:ブルー ・破断強度 kN :100 ・エンドレスタイプ ・カムバックル式 ・JANコード:4900349537402 ・トラスココード:793-1638 ・質量:6. 8 ・ベルト長さ m 巻取側:2 ・べルト長さ m 固定側:- ・色:ブルー ・破断強度 kN :2 ・ベルト mm 厚み:0. パレット積み、段ボール・樹脂製品等の荷崩れ防止 安定の悪いもの、キズを嫌うもの、サーフボード・モーター ボート・オートバイなどの荷締め 材木・ビニールパイプ等の安全集積• まず「ラチェットバックル式ラッシングベルトの使い方の手順」についてです。 長崎 0• ラッシングベルトを使う場合でも、やはりベルトを理想的に使うためにはメンテナンスをしておくことが大切です。

9

⚑ 都道府県 :• 荷物の大きさや固定する荷台の幅の広さなどによって条件が変わるため、それぞれの状況に合わせる形でバックルを緩め、ベルトの長さを荷物に丁度良くしておきましょう。 余分な長さは絞る前に調整してください• ラッシングベルトの種類別使い方の手順6:ハンドルを倒す ラッシングベルトというのは、その緩め方・締め方に際する使い方は「ハンドルを倒すこと」がメインとなり、それによってベルトそのものの長さを自由に調整することが可能になります。 8 ・ベルト mm 幅:18 ・エンドレスタイプ ・カムバックル式 ・JANコード:4900349538423 ・トラスココード:792-8564 ・質量:0. 【用途】 ・トラック輸送時の荷崩れ防止に最適。

✊ 先述と同じくベルトのゆるみを取っておき、そのベルトを引っ張りながらハンドルを倒すことによって「カチッ」という音がし、それとともにロックされて操作完了になります。 全国のラッシングベルト• 熊本 0• 安全性の向上 ダブルセーフティロック 今までのラッシングベルトは荷物を固定してラチェットバックルの金具を締めても、ハンドル部に何かが当たるなどすると、ハンドルが開放する危険性がありました。

💕 ラッシングベルト 50㎜幅 グレー• 7 ・ベルト長さ m 巻取側:7 ・べルト長さ m 固定側:1 ・色:ブルー ・破断強度 kN :100 ・両端ナローフック付 ・カムバックル式 ・JANコード:4900349537600 ・トラスココード:793-1620 ・質量:8. 【商品仕様】 ・最大使用荷重 t :2. 材質は摩耗に強いポリエステル製で、耐水性、耐候性に優れています。

🙂 8 ・ベルト長さ m 巻取側:1 ・べルト長さ m 固定側:1 ・色:ブルー ・破断強度 kN :1 ・ベルト mm 厚み:0. 作業環境の改善 金具表面処理 三価クロム対応 弊社ラッシングベルトは全金具部の表面処理は三価クロムを使用しております。 【用途】 ・輸送時の荷崩れ防止。 和歌山 0• ラッシングベルトの種類別使い方の手順2:ハンドルを反復 ラッシングベルトの場合、先述のように「ベルトを締め上げるためのハンドル」という物が取り付けられてあり、それを反復する形で締めることにより、荷物を固定することができます。

15

😩 秋田 0• ラチェットバックル式のベルトは、巻取軸に巻き過ぎないでください。 ベルトを締める際に最も力が加わり、そのため破損しやすい箇所になるため、このバックル(金具)部分のメンテナンスは1週間に1度はしておきましょう。 7 ・ベルト長さ m 巻取側:7 ・べルト長さ m 固定側:1 ・色:ブルー ・破断強度 kN :100 ・アイタイプ ・カムバックル式 ・JANコード:4900349537006 ・トラスココード:793-1611 ・質量:6. この場合は「トレーラー用ラッシングベルトの使い方」がメインになりますが、操作方法の豆知識としては「荷物全体のバランスに配慮して縛り付けること」が重要です。

8