もん も シャミ 子。 千代田桃とは (チヨダモモとは) [単語記事]

🙏 小原:今までないタイプだよね。 だから私はずっと怖い夢を見てたんだね。 小原:ふんわりとサイコパス感が出てたよね。

🤫 小原:オーディションのとき、あまり凝り固まったものを出しちゃうのも違うと思って、何となく感覚でやったシャミ子が、わりと舌っ足らずな感じだったんです。 での出来事を通して 自身や周りの人物についてのもにされていく様になるのだが、それに伴いとの関係もまた…… 基本的にはながらも面で面倒見の良い性格をしている。

10

👆 43丁目 桃の前にシャミ子に化けたリコが現れるが、態度や口調しぐさ目線呼吸のリズム、しっぽの動き体感のブレなさその他諸々を判断基準にしてリコの化かしを見抜く。 「貴方シャミ子に米を炊かせてるの?」 47丁目 「桃っていい香りがしますよね」 49丁目 面倒見で華やかなミカンが人気者になっていることに関して、シャミ子は「桃だって私的には華がある」と主張している。 しってる?のコトバ…私は知らない 呼名、ニックネーム 登場などがに使う呼名、• こと と同じに通っている。

15

😘 あとお丸出し。 シャミ子「桃の夢に入ったけど、初めて入った時よりドロドロです……」 シャミ子「私、桃になんて酷いことをしてしまったんでしょう……」 シャミ子・ミカン「桃のせいだ!桃桃桃桃!」 桃「うう……」ウズクマリ- シャミ子「あれは!まさか夢の中の私とミカンさん?」 シャミ子「そしてあれは……桃。

19

👈 は元々孤児であったのだが、としての素質がある事が判明したためが引き取ったという経緯を持つ。

1

🙂 24丁目時点では一人でちぎることができなかったアイスが、二人の関係が進んだことで二人の力でちぎられた(契られた)ものだと思われる。

👌 関連タグ :同じく実際の本編中には存在しないのに広まってしまった台詞。 この時点ではまだお互いの名前も知らないが、シャミ子は桃のことを自分のターゲットかつ自分を危機から救った恩人であると認識しており、桃はシャミ子のことを「変な子」と評している。 ただ、今回のアイスの形状は39丁目のぽっきんアイスとは異なり、パピコらしき形のものとなっている。

14

✆ ここでの説得はすべてシャミ子自身が考えた言葉であり、桃もその気持ちに保留ではあるが好意的に応えている。 平和だから、逆にまったく気にならないんです。

3

😎 桃シャミと呼ぶかシャミ桃と呼ぶかについてだが、これは個人の解釈の仕方で決まる問題である。

15